ismイズム進学会
 
お問合せはこちら
  小学生 中学生 高校生
home イズムの指導とは コース紹介 時間割・授業料 講習紹介(春期・夏期・冬期) ブレイク アクセス
 
Contents
日本速脳速読協会
速読英語
ネット留学
イズムの指導とは
 
イズム進学会の指導とは
「やる気(学習意欲)」を育てる
イズム進学会の「やる気」を育てる指導
イズム進学会の指導システム 〜“めんどうみ第一主義”のイズム式個別指導〜
指導実績(塾生の過去5年間の合格校)
安心・安全への取り組み
イズム進学会の指導とは
「やる気」のある、「勉強好き」を育てたい。
そして、世の中に役立つ人になってほしい。
そのためには、子ども達が、自分から、がんばって勉強に取り組むようにしてあげること、その努力を「結果」につなげてあげることが必要です。
「結果」は子ども達に、「自信」と「希望」を与え、子ども達の「やる気」をさらに育てます。
イズム進学会は子ども達の「がんばり」をしっかりと支え、一人ひとりの可能性を広げる「結果」を出す指導を行います。
 
  イズム進学会の指導理念
  一人ひとりの学力(やる気と結果)の向上をはかり、
一人ひとりの可能性を最大限に広げ、目標をともに実現し、
一人ひとりに「自信」と「希望」を与えることを指導理念とします。
  イズム進学会の指導方針
  一人ひとりの学習に対する適応性を的確に把握し、
一人ひとりに真に適した学習方法を修得させ、
一人ひとりの力を最大限に引き出す学習指導を行うことを指導方針とします。
  めんどうみ第一主義のイズム式個別指導
  イズム式個別指導は、「めんどうみ第一主義」で、一人ひとりにあった指導を“きっちり”、“しっかり”、“トコトン”行うため、個別指導を行います。また、指導の責任をはっきりさせるために、教科ごとに、曜日、時間を固定し、決まった講師が継続して指導を行います。多くの生徒を一度に指導する一斉授業、自由な半面、講師が固定しないフレックス制の個別指導、同一時間で複数教科を指導する家庭教師や1対1の個人指導と異なり、一人ひとりの学習の状況に精通した指導を可能にし、学習効果をより早く出すことが見込めます。
  pagetop
 
「やる気(学習意欲)」を育てる
学力向上の第一歩は「やる気」を出すことです。 しかし、「やる気」は、「いつかは出てくるだろう、出るまで待とう」という姿勢では、いつまでたっても出てくるものではありません。
 

「やる気」を出すには、いくつかの条件があります。

1.学習習慣を身につける(机の前にじっと座っていられる)
2.有能感を育成する(やればできると考えること)
3.達成感を感じる(毎日の学習で、できたと感じること)

これらの条件を克服させることが、やる気を育てます。イズム進学会では、これらの条件を一連の流れとして「やる気サイクル」と呼び、一つ一つを克服するために的確な指導を行います。

  pagetop
 
イズム進学会の「やる気」を育てる指導
  1.学びの基盤を育成します。〜学習習慣をつくる〜
  学びの基盤は「集中して勉強できる学習習慣」の形成です。一人ひとりにしっかり向き合った学習指導をとおして、教室内の学習から家庭学習まで、学習習慣を身につけていきます。
   
  2.一人ひとりに適した学習法を追求します。〜有能感を高める〜
  子どもには、その子に合った「学習法(勉強の流儀)」があります。この流儀を大切にした学習で、興味関心、そして「やればできる」という有能感を高め、学習効果の向上に努めます。
   
  3.達成感を大切にします。〜学習意欲をつくる〜
  「やる気」は「できた」という達成感の積み重ねで得られるものです。そのために、適切な指導やアドバイスのもとで、自分の力で問題を解く機会を与えることが重要です。こうした達成感を感じられる学習指導を行います。
  pagetop
 
イズム進学会の指導システム 〜“めんどうみ第一主義”のイズム式個別指導〜
 
責任指導の教科担任制
イズム進学会の指導は教科担任制です。担当生徒の指導教科に精通した講師が責任を持って担当することで学習効果=成績向上をできるだけ早く出すことが見込めます。十分な指導技術、指導知識そしてやる気を持った講師が責任指導にあたります。また、一人ひとりの生徒に決められる主任講師と教室長との2重のチェック体制をとり、講師間の指導情報の共有、学習状況、指導内容の確認を行い、イズム進学会の指導責任をしっかりと果たしていきます。
 
一人ひとりを大切にし、やる気を育てる個別指導
十人十色といわれるように、理解の仕方、理解の度合いや問題を解くスピード、また質問の仕方など生徒ごとに違いがあります。イズム進学会の個別指導は、一人ひとりの生徒を理解することから始まります。そして、一人ひとりにあった指導を通じて、どんな小さなことに対しても、「できた」喜び、達成感を味あわせ、さらに知的な興味関心を高め、学びの意味を見つけ、学びのやる気を育てることを大切にします。
 
 
一人ひとりに真にあった学習法を提案
勉強には、大きく分けると問題解決タイプの学習と反復練習タイプの学習があり、子ども達は、一人ひとり自分にあった学習タイプがあります。イズム進学会では、このタイプを判定する学習スタイル診断の結果をもとに、学習方法を提案します。また、併せて、効果的な教科別の学習方法を提示して学習成果を出していきます。
 
徹底指導と徹底演習、さらに確認指導
「わかった」と「できる」は違います。「できる」ために必要なことは、「わかった」時にその場で続けての演習、または「できる」までの徹底した反復演習しかありません。イズム進学会は、「問題を解かせるだけ」ではない『徹底指導』と、「教えっぱなし」にしない『徹底演習』を繰り返す、結果につながる『「できる」指導』を行います。さらに、個別の確認テストを毎週実施しチェックと学習の改善のサイクルをしっかりとまわしていきます。さらに、私立中学受験生、公立中学生には月例テストを定期実施し、受験に向けた確実な学力を形成する指導を行います。
※この学習法をもっとも効果的に活用できるのがイズム進学会の講師1人に生徒4人の教科担任制の個別指導です。
 
 
個別学習記録と個別学習報告書
イズム進学会が独自に開発したネットワークシステム「イズムネット」を通して、各講師のパソコンからリアルタイムに、一人ひとりの個別学習記録を入力。その情報をもとに、弱点の克服学習、さらに得意分野の強化学習を計画的に指導していきます。この学習記録は、自宅学習に役立つ形で、個別学習の月例報告書としてご家庭に送付します。また、いつでも保護者の皆様のお問い合わせに迅速に対応し、個別学習相談での的確なアドバイスに役立てます。
 
土日補習・中高生定期試験対策補習(無料)
塾生は、土日午前の補習指導(自習学習)、さらに午後に追加設定される定期試験前の補習に無料で参加することができます。また、日常の学習場所として、受講していない通常授業の時間も、自習学習ができます。学習習慣の確立のために、また、なかなか家庭での学習が始めにくい苦手科目の学習のために集中できる学習環境としての使用が可能です。
 
 
模擬試験、各種検定への対応
高校受験の「愛知全県模試」、小学生の「小学ぜんけん模試」、中学受験の模擬試験の開催のほか、英検などへの対応指導など、達成感を得られる目標設定のための取り組みを行います。
 
学習相談会、入試説明会
教室長による保護者の皆様との個別学習相談(年4回)、また随時実施の生徒との学習相談のほか、主任担当講師、また各担当講師からのご家庭への電話連絡など、日常の学習報告、指導方針の確認を密に行っていきます。また、中学入試説明会、高校入試説明会の開催、また、キャリア教育講座の実施など、進路を決める有益な情報を提供します。
 
  pagetop
 
指導実績(塾生の過去5年間の合格校)
  国公立大学
名古屋大学、岐阜大学、三重大学、名古屋工業大学、東京大学、大阪大学、一橋大学、その他。

私立大学
早稲田大学、慶応大学、同志社大学、関西学院大学、立命館大学、南山大学、愛知学院、名城大学、愛知大学、中京大学、愛知工業大学、淑徳大学、金城大学、椙山大学、その他多数。

公立高校
旭丘高校、明和高校、菊里高校、千種高校、向陽高校、名東高校、昭和高校、天白高校、中村高校、その他。

私立高校
滝高校、愛知高校、名古屋高校、淑徳高校、椙山高校、愛工大名電高校、東邦高校、桜花高校、名古屋女子高校その他多数。

私立中学
南山中学(女子部・男子部)、東海中学、滝中学、淑徳中学、愛知中学、名古屋中学、金城中学、椙山中学、春日丘中学、名古屋女子中学、聖霊中学、その他。

国立中学
名古屋大学教育学部附属中学

  pagetop
 
安全・安心への取り組み
  ○入室・退室時の自動メール配信
イズムスタディポイントカードと連動して、入退室時に自動でお知らせいたします。入室時間・退出時間を記録し、保護者の方(希望者のみ)へ、それぞれの時刻をメールでお知らせします。※ポイントカードは月ごとの皆勤、成績アップなどの頑張りに応じて担当講師からポイントが付与されます。

○セキュリティーシステム
夜間の警備システムの導入、各教室に警備会社(アルソック)と直結する非常ボタンを設置し、非常時に備えています。また、非常時の対応マニュアルを作成し、職員の迅速な対応を準備しています。

○塾保険への加入
通塾時、また教室内の"もしもの"事故に備えて保険に加入し、しっかりとした安心の対策をとっています。

   
  受講申込方法
  受講申込方法
   
  授業料については、下記お問い合わせフォームかお電話にてお尋ね下さい。
  お問合せ お問い合わせはコチラ
 
pagetop
 
講師募集個人情報保護方針FCについて